留学に向けた資格試験で高スコアを取る方法とは

海外の大学へ留学するのに、英語の資格試験を受けて一定以上のスコアを取っておかなければならないケースがあります。

その英語資格試験では、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングを試されます。

各パートごとにスコアが分かれていて、それらの合算値が出されます。


そのスコアが基準をクリアしているかしていないかで留学先の大学が変わります。

その英語資格試験で高スコアを取るためには、留学前からかなりのレベルの英語力を身に着けておく必要があります。



英単語の語彙レベルは8000以上あることが望ましいです。

他のリーディングやリスニングの試験でもその程度の語彙が使われているので、単語レベルが高いほど高スコアを取得しやすくなります。

カナダ留学を知るならこのサイトです。

リーディングでのスコアアップでは、英文の多読が有効です。

ある程度英文が読めるようになったら、ニュースサイトや英字新聞を読んでたくさんの英文に触れるのが効果的です。


リスニングの力を上げるには、聞こえてきた英語を追いかけるように自分の口から言ってみるシャドーイングという方法があります。

自分がどこが聞き取りにくいのかが分かるようになるし、発音の練習にも繋がります。スピーキングやライティングはある程度までは自力で勉強できます。

構文集やフレーズ集を使って、簡単な英文はすぐにアウトプットできるように練習します。

流暢さを求めるのであれば、場数が必要なのでオンライン英会話などを使って、ネイティブの人に自分の書いた英文を見てもらったり、英会話の回数を増やすのが近道です。

よく利用されているNAVERまとめについて分かりやすくまとめてあります。